同時開催ユーフォニアム・テューバクリニック

           終了しました。

 

十字屋では、外囿祥一郎先生と次田心平先生をお迎えして「同時開催ユーフォニアム・テューバクリニック」を開催いたします。

日時:平成28年9月月19日(月・)13:45~
会場:十字屋クロス 鹿児島市中町2-14 代表099-25-3131
時間:グループ基礎レッスン・・90分程度 マスター個人レッスン・・45分程度
料金:グループレッスンお一人\6000 個人レッスン・・\15000

レッスンスケジュール・お申込みなど
お問い合わせは 
(株)十字屋 営業部099-225-3131 
担当 森山まで
携帯090-1166-3436

 

外囿 祥一郎 (Shoichiro Hokazono)

<ユーフォニアム奏者>

1992年第9回日本管打楽器コンクールで第1位及び大賞を受賞。94年東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了。97年英国 テューバ・ユーフォニアム カンファレンスにおいて、日頃の演奏活動の功績が認められ「Euphonium player of the year」を受賞。同年9月にはフランス・フィリップジョーンズ・ブラスコンクール、ユーフォニアム部門において優勝。これまでにNHK交響楽団、大阪市 音楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、ジャパン・ヴィルトーゾ・オーケストラ、ストラスブール管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、名古屋フィルハーモニー交響楽団などの演奏団体と共演を行う。また航空自衛隊航空中央音楽隊に在籍中にソリストとして数多くのコンサートを行う。

また彼のために書かれた優れたユーフォニアムのオリジナル作品発表は、その可能性を追求し続ける姿勢であり、高く評価されている。ソロ・コンサートは国内外で開催されており、その他、ザ・テューバ・バンド、ブラス・ヘキサゴンなどアンサンブル・ユニットではそれを主宰し意欲的な取り組みをみせている。これまでに発表されたアルバムは23枚(内3枚は文化庁芸術祭ノミネート作品)、ほかゲスト・ソリストとしても多数のアルバムに参加している。2013年3月に航空自衛隊航空中央音楽隊を退職しソロ活動および後進の育成に力を注ぐ。

ユーフォニアムを三浦 徹・露木 薫・スティーブン ミードの各氏に師事。

現在、東京音楽大学准教授、エリザベト音楽大学、洗足音楽大学、昭和音楽大学各客員教授および相愛大学音楽学部特別講師。

ビュッフェグループ ジャパン専属講師
鹿児島市出身

次田 心平(Shinpei Tsugita)

<テューバ奏者>

京都府出身。京都市立音楽高校を卒業後、1998年京都市立芸術大学音楽学部に入学。在学中、1999年PMFにジュニアフェローで参加しケネス・エイミス氏に学ぶ。2000年カナダにて国際テューバコンクールのセミファイナルに出場。その後、インディアナ州立大学の教授ダニエル・ペラントウーニ氏の自宅にて数週間教えを受ける。2001年PMFに正式メンバーとして参加。同年、第18回日本管打楽器コンクールテューバ部門第4位、第21回同コンクール3位と続けて入賞。2002年、同大学を首席で卒業し音楽学部賞、京都音楽協会賞を受賞。読売新人演奏会に出演。2003年7月~2008年3月まで日本フィルハーモニー交響楽団に在籍する。
第24回日本管打楽器コンクール、テューバ部門において満場一致の1位となる。
日本フィルハーモニー交響楽団をバックに協奏曲を共演。
読売日本交響楽団のテューバ奏者。
侍ブラス、ジャパンテューバソロイスツ、Break Throughのメンバー。
洗足学園音楽大学、東海大付属高輪台高校の非常勤講師。山陽女子高等学校の特別講師。八王子在住。