二胡


初心者のための「3ヶ月レッスン」
【二胡(初級)個人月2回/30分 5,500円】
うれしい3つの特典❣
●入会金5,500円⇒0円 
●施設費880円⇒0円(3ケ月間) 
※税込料金
●レッスン時の楽器貸出無料,または●3ケ月レンタル(ご自宅持ち帰り可能:1ヶ月2750円)
おひとりで..。:*またご友人同士やご夫婦・親子で二胡にチャレンジしてみませんか。
信頼できる講師が生徒さんと一緒に演奏力の向上と音楽のある豊かな暮らしを共有するレッスンをします。講師にはどんな小さなことも質問して満足いく演奏を目指してください。
さあ、無料体験レッスン・レッスン説明会でお会いしましょう(^_-)-☆
※随時ご入会いただけます。
会場:

👇お電話または下記フォームでカンタンお申込み頂けます。

携帯電話の受信設定をされているお客様は「jujiya-music.com」というドメインを受信許可リストに追加していただくと、当社からのメールを受信できるようになります。

◆◇講師紹介◇◆


有馬悦子 (ありまえつこ)
二胡指導者養成課程修了。ヤマハ音楽教室講師を経て、現在十字屋二胡教室講師。2008年、二胡グループ「ジャスミン」を結成 演奏活動中。全く音楽経験の無い方でも、楽しみながら取り組めるよう、個人レッスンにてお一人おひとりに応じた、分かりやすい指導を行っています。
担当:火・水曜日(ミュージックサロンクロス)、火曜日( 明和センター )
渡瀬裕子(わたせゆうこ)
二胡指導者養成コース修了。十字屋二胡教室講師指導歴10年。PSTA ピアノ講師、エレクトーン講師。マンツーマンの個人レッスンです。生徒さんお一人おひとりに合わせた解り易い十字屋オリジナル二胡教室です。二胡を楽しく弾けるように日々、工夫してレッスンに臨んでいます。
担当:月曜日(新栄センター )、土曜日( 坂之上センター )、水曜日( 加治木センター )
土岐マツ子(どきまつこ)

担当:金曜日(ミュージックサロンクロス)
宮里英子(みやざとえいこ)

担当:木曜日(川内センター)
橋本佐都美(はしもとさとみ)
二胡指導者養成コース修了
ヤマハ音楽教室講師、PSTA講師を経て、十字屋二胡教室講師。
二胡グループ ジャスミン メンバー
二胡との出会い、そのお気持ちを大切に、丁寧に、楽しくレッスンを進めていきます。
担当:月曜日 (ミュージックサロンクロス

 

♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。

体験レッスンにつきましては、もしご希望の日時がございましたらご遠慮なくお申し出くださいませ。できる限りお応えできるよう調整いたします。


「楽しい音楽表現の世界・・・二胡erhuワールドの創造と構築」              

二胡erhuの普及~                                   

誰にでも楽しめる二胡erhu~
■十字屋の二胡のお教室は個人レッスンです。講師が皆様それぞれのペースで楽しく上達できるように工夫したレッスンを行いますので、安心して長く続けていただける人気のコースです。ぜひ一度体験なさってみませんか?個人で始められますのでいつでもご入会いただけます。
体験レッスンのお問い合わせは音楽教室受付へお電話で。Tel.099-239-9929(直通)

クラシック音楽とポピュラー音楽の融合、西洋音楽と東洋音楽の融合、・・・70年代初頭に始まったクロスオーバーミュージック、あれから30年です。振り返って思い起こしてみると私たちはその時代でも、この音(二胡erhu)を耳にしていたようです。もっと前の時代の人々も知っていたこの音(二胡erhu)・・・日本と大陸との交流が有るとき、「いつの時代も音楽文化はそこにあったのです。今、まさに羽ばたこうとしているインターナショナルな楽器、(二胡erhu)「こころで感じて奏でる音楽」・・・「ヒーリングミュージック時代」の到来、融合された音楽の熟成期を迎えて、二胡erhuミュージックの普及が始まっています。十二楽坊の登場で中国楽器の日本への導入がなされ、これから成長するであろう楽器の一つです。現在、日本国内において多くの方々に求められている「二胡の世界」・・・楽器を持つ姿勢と構え方・パイプ椅子(40~45㎝)などの一般的な椅子に、少し浅めにリラックスした状態で背筋を伸ばして座ります。・楽器は、左足の付け根の部分に共鳴胴を当てます。・棹の千金の位置より少し下の部分を、軽く握り楽器を支えます。(この時点で弦に触れないようにしましょう)※楽器本体と右手でコントロールする弓は、バイオリンのように離れません。一体型です。気を付けて取り扱いましょう。右手の弓の持ち方・お箸を持つイメージを思い出しましょう。(まず下から添えます。)・毛箱のかど前後を人差し指の付け根に固定(弓をコントロールするときの支点)します。・竹と馬毛の間に下から中薬指を適度に入れて、コントロールする。さぁ、音出しにチャレンジしてみよう!